Omise Go(オミセゴー) 公式動画の日本語訳

現在多くの日本人から注目されているOmise GO。

あなたもこの「OmiseGO」に大きな期待を持っているからこそこちらのページを見ていることでしょう!!

そこで、今回はomisegoの公式動画の日本語訳を掲載しました!

代表の長谷川潤氏(@JUN_Omise ‏)、共同創業者のEzra Don Harinsut氏(@ruxperience ‏)、OmiseGOの製品開発リーダーのWendell Davis氏の3人がそれぞれOmise Goについて話しています。

英語がわからない方は是非参考にしてください。

以下OmiseGo(オミセゴー)公式動画日本語訳

長谷川:私は”omise”の社長、創業者の長谷川潤です。私達omisepaymentはこの急速に伸びているアジアというマーケットにおいて決済サービスを提供するために2013年に創業しました。

素晴らしいパートナーと投資家により急速に事業展開をすることができています。今日はここで先進的なe-wallet、決済プラットホーム Omise GOを紹介させていただけるのは大変嬉しいことです。

ドニー: みなさんこんにちは、私はOmiseの共同創立者のEzra Don Harinsutです。基本的にOmiseGOは人々が銀行口座を持っていなくてもお金を入金したり引き出したりできる財布です。

ウェンデル:私の名前はWendell Davisです。Omise Blockchain LabOmiseGOにて、製品開発リーダーをしています。OmiseGOは地元の家族にお金を送ったり、支払いをしたり、海外送金をすることができます。例えば、あなたがミャンマーからの移民労働者で、家族にお金を仕送りしたいとしましょう。OmiseGOはそれを可能にするプラットフォームです。

長谷川omiseはこの決済プラットホームを展開していく上でとてもユニークなポジションにいると言えます。なぜなら、私達は既にこのアジアにおいて、何千・何万というユーザーに対して、決済サービスを提供しているからです。

ウェンデルOmiseGOは現金を持つのと同じようなものです。多くの場面で便利に使うことができます。ポケットの中のお金と一緒です。A点からB点に送ることができ、誰かにあげることができる。お金と接する上でたくさんの人がより気持ちよく、より親しみやすくするための方法です。

ドニー:これらの銀行口座を持たない人たちは、口座を作る資格がないか、金融サービスを使うことに抵抗のある人たちでしょう。そのため、彼らは現金を使うことを好みます。

ウェンデル:私がOmiseGOで見たいことは何か?何千万、何億、何十億人の人たちがOmiseGOを使ってそういった人たちが金融に対しての権利を獲得できる世の中を見たいと思っています。彼らのお金をコントロールすることができる。動かしたい場所に彼らの持つお金を動かせる自由を経験してもらう。可能な限りの最小限のコストで。

長谷川:私達はこのOmise Goというオープンソースプラットホームを通じてこのアジアに存在する何千万・何億人と言う銀行口座さえ保有していない人々が一瞬にして、あらゆる価値、valueをやりとりすることができる、未来の銀行の形を見ていただきたい思います。

ウェンデルOmiseGOは最高品種のブロックチェーン技術を使ったホワイトラベルeウォレットサービスです。効果的に、人々が入ってきて、お金を受け取ったり、送ったり、決済したり、すべてを簡単に行うことを可能にします。

ドニー:私達がブロックチェーン技術を選んだ理由は、人々が実際に信頼できるネットワークを築きたいと思うからです。

ウェンデルOmiseGOのデザインについていいところは、プライバシーを保護しつつ、台帳を共有するのを可能にすることです。そして、これは人々が将来的に望むものだと私たちは考えています。顧客データや情報をお互いに晒したいとは思わないでしょう。しかし同時に、ある出来事の認証と確認を可能にします。

ドニー:例えば、タイでは多くの電気通信会社が実際に自身のウォレットを持っています。しかし、それらは基本的に閉鎖的なウォレットです。

ウェンデル:互換性のないウォレットがeウォレット全体の低成長を率いていることは明確です。eウォレットのこのアイデアに対して、大きな押しがあります。近年ではすべての人が携帯電話を持っていて、簡単にお金を送ったり、決済する事が可能になってほしいと思っています。しかし、それは全ての人が同一のプラットフォームを使っていない限り、とても難しいことです。

ドニー:どんな人でも、全ての人たちに金融サービスにアクセスしてほしい。これはすべての人に与えられた基本的権利であり、特権ではありません。

長谷川:近日中に詳細に関してお伝えできればと思います。ご静聴に感致いたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下英語原文

Hawagawa JunI’m the CEO and founder of Omise, Jun Hasegawa.Omise launched in 2013 and since  then has provided payment services across the rapidly growing Asia market.We were able to rapidly develop our business with the support of our great partners and investors.

Donnie Harinsut:Hi everyone, I’m Ezra Don Harinsut. I’m the co-founder of Omise. Omise GO basically is a wallet where people can actually cash in and cash out even if you don’t have a bank account.

Wendell Davis: My name’s Wendell Davis. I’m the product development lead at Omise Blockchain Lab and now Omise GO. What Omise GO is able to do for the end-user is allow them to send money locally so they can send it to their family, they can make payments and it also allows them to send remittances across borders. So for example, maybe you’re a migrant worker from Myanmar and you want to send money home back to your family. Omise GO is the platform you can use to do that.

Hasgawa JunWe can say that Omise is very uniquely positioned to provided this type of financial platform.

This is because we already provide our payment services to thousands of business users in Asia.

Wendell Davis: Omise GO is kind of like just having cash. Except it’s a lot more convenient in a lot of ways. It’s money in your pocket. You can send it from point A to point B. You can give it to someone. It’s a way of dealing with money that a lot of people are just more comfortable with, and more familiar with.

Donnie Harinsut: These un-banked people, either they’re unqualified or they’re scared to apply for these financial services. So they rather use physical cash.

Wendell Davis: What would I like to see happen with Omise GO? I would love to see… tens of millions, if not hundreds of millions, or even billions of people use Omise GO to regain their financial sovereignty. To be able to have control over their money. And to be able to experience the freedom to be able to move money around anywhere they want. At the most minimal cost possible.

Hasegawa Jun:Though Omise Go,an open-source platform,the tens of millions, of people in Asia who don’t have a bank account—we can bring them together and help them see what the bank of the future looks like, in a way that reflects our present values.

Wendell Davis: Omise GO is a white label e-wallet service that uses the best of breed blockchain technology. So effectively, what they allows people to do, is to come in and receive money, send money, make payments, all very easily.

Donnie Harinsut: The reason why we chose blockchain technology is we want to build a network that people can actually trust.

Wendell Davis: The nice thing about Omise GO’s design is it allows a shared ledger while also preserving privacy. And this is something we think people are going to want. They’re not going to want to expose their customer data and information to each other. But at the same time, they’re able to verify and confirm that certain events have happened.

Donnie Harinsut: For example, in Thailand, there are a lot of telcos that actually have their own wallets. But it’s basically a closed loop wallet.

Wendell Davis: It’s pretty clear that incompatible wallets lead to a smaller user growth overall in the e-wallet space. There’s a big push for this idea of e-wallets. Everyone has mobile phones these days, and everyone would like to be able to easily send money from point to point, to make payments. But it’s very difficult unless everyone is on a common platform.

Donnie Harinsut: We want everyone to have access to financial services, no matter who you are in society. It’s a fundamental right for everyone. It’s not a privilege.

Hasegawa JunWe will reveal more details soon.Thank you very much for listening.

 

 

 

コメントを残す