OmiseGOの取引量NO.1のHuobi(フォウビ)の特徴・開設方法を一挙に公開!

最近、猛スピードで取引所として知名度をあげている中国に拠点を置く取引所のHuobi(フォウビ)

実はOmiseGOの取引量が一番多い取引所なのです。

これから様々な取引が可能になり、取引所としても有名になるであろう取引所でもあるので今のうちに登録しておきましょう!

Huobiとは

Huobiとは中国の香港に拠点を置く、取引所です。Binanceに次ぐ世界第二位の取引量を誇る、大きな取引所でもあります。(やはり中国は強い・・・・)

日本の取引所であるbitflyerが2014年にできましたが、Houbiは2013年に既に取引を始めており、実は古株の取引所なんです。

日本語対応していることからも、日本人の登録者も増えているようです。

Huobiのメリット

ここからはHoubiの特徴について解説していきます。

まずはメリットからです。

OmiseGOの取引量が世界一

タイトルにもある通りですが我らがOmiseGOの取引量が世界一の取引所です。

OmiseGOを買いたいとき、売りたいときは出来高が多いため比較的他の取引所よりもスムーズに行えるはずです。

必ず開設しておきましょう!

日本語対応している

海外の取引所では日本語対応していないところもまだまだあります。

しかし、Houbiは日本語対応しているため、投資初心者・英語がわからない方でも安心して取引することができます。

100種類以上の取引ペアがある

Huobiでは取引銘柄が100種類ほどあります(通貨ペアはBTC/ETH/USDTの3種類)

Binanceに比べると劣りますが、仮想通貨投資やっている人が知っている通貨は大体あります。

逆にマイナー通貨に投資したい人にとっては物足りない可能性がありますね。

スマホアプリが非常に使いやすい

取引所によりますが、スマホ対応していても使いにくい取引所は意外と多いです。

その点Houbiはアプリが非常に見やすくなっており、出先でも携帯一つで安心して取引をすることが可能です。

Huobiのデメリット

次のデメリットも紹介します。

取引手数料が0.2%

この数字は高いと見るか低いと見るかは人ぞれぞれかもしれません。

しかし、同じく中国の大手のBinance(手数料0.1%)や最近ユーザーが急激に増えているkucoin(手数料0.1%)に比べると高くなります。

日本円での購入はできない

日本円で直接購入することができません。

そのため、まずは日本の取引所で日本円を入金し、BTCやETHを購入して、それをHuobiに送金する必要があります。

取引手数料が安くなる仕組みがあるが微妙

Huobiでは取引所の独自トークンとしてHT(Huobi Token)を発行しています。

今後、更にHoubiの知名度があがることで価値が高まる可能性があり、また、VIPになると取引手数料が安くなるプランがあります。

それがこちら。

手数料が安くなるのは非常に魅力的です。しかし、現在1HTの価格は以下のようになっています。

仮に1HT=600円(2018年6月8日現在)で計算すると手数料が10%オフになるには120HT×600円=72,000円かかります。
手数料50%オフになるには12,000HT×600円=7,200,000円かかることになります。
HT自体は今度も取引所の将来性などを考えると、高騰する可能性はあるので買うことで無駄になることは当然ありません。
しかし、
  • そもそもHTで購入(取引)したいのか
  • 手数料値引きが必要なほど取引をするのか

を考えると多くの人にとっては縁がないプランになっている気がします。

デメリットでもないですが、元々取引所についているサービスとしては一般の方には無縁なものに近いですよね。

口座の開設方法の解説

それではここからHuobiの口座の開設方法を説明します!

公式ページから新規登録をする

まずはこちら公式ページから新規登録をします。

こちらに

  • 国籍
  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード(再入力
  • 招待コード(任意)

を入力します。(国籍は一度間違えると、あとで修正できないので必ず”Japan”で登録しましょう)

すると認証画面が表示されるので、指示通り赤枠の部分を右にスライドします。

次は表示されている文字を入力してください。入力が完了したら提出ボタンを押して確認します。

今度は登録したメールアドレスに認証コードが届いているのでそちらを入力してください。

このような認証コードが送られてきます。

ここまで完了したらログインができるようになります。

2段階認証をする

ここまでで、口座開設ができましたね。

次は2段階認証をします。

自分の資産を守るためにも2段階認証は絶対にしましょう。

トップ画面の右上に歯車のマークがあるのでそこをクリックします。そして、メニューにでてくる「セキュリティ」をクリックします。

こちらのページになるので下のGoogle Authenticatorの「設定」をクリックしてください。

こちらでQRコードを読み込んで認証コードを入力します。

こちらで2段階認証の設定は完了です。

まとめ

今回はOmiseGOの取引量が世界一であるHuobiについて解説しました。

今後更に大きな取引所になる可能性も秘めているので早めに登録しておくのがおすすめです。

ただ、それ以上に我らがOmiseGOのさらなる飛躍に欠かせない取引所なのでOmiseGOユーザーは必ず開設しておきましょうね!

コメントを残す